FC2ブログ

ビアチカ【レズビアンエロチカ】*移転しました*

レズビアンでエロチカな漫画・小説・イラスト等を発信する創作集団【レズビアンエロチカ:略称ビアチカ】※18禁/百合/GL

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第58回:千代と高尾【藤間紫苑】第3回

58a.jpg



題名  千代と高尾
著者 藤間紫苑

「いいえ、違うわ。それは少女コケシであって、貴女じゃない。
 ……私が欲しいのは高尾さんだわ。」
「何を生意気な事を言っているの?」
「だってそれは……ああっ。」
「そんな風に言えない体にしてやるわ。」
高尾は男が腰を動かすかのように、少女コケシを押した。
少女コケシは私の背と腹を刺激した。
高尾の手が動く度に私の興奮は高まっていった。
喉は渇き、乳首は張って布に擦れていた。
私は着物の上から自分の胸を揉んだ。
高尾は私の尻をぱんっと音が大きく鳴るように掌で叩いた。
私は高尾がもっと興奮するように、さらに爪先立ちし、獣のように尻を左右に振った。
私が尻を振ると、着物がずり落ち、少女コケシの上に乗った。
その拍子に少女コケシは私の体内を掻き回した。
「ひいっ。」
「ほら、もっと良い声でお鳴きなさい。」
高尾が用意した椅子に足を乗せた私は、さらに高く尻を持ち上げた。
隣のベランダからは丸見えに違いない。
高尾は満足そうに笑い、私の尻に噛み付いた。
私の体は高尾が触れる度に緊張し、締まった。
少女コケシは高尾の手によって、さらに奥へと挿し込まれた。
私は振り返って、少女コケシを見ようとしたが、着物の陰に隠れ、姿は見えなかった。
私はむず痒いカトレアの花弁に手を伸ばした。
すると高尾は私の手をぴしゃっと叩いた。
「駄目よ、まだ駄目。」
そして高尾は私のカトレアの花弁を広げ、ふうっと息を吹きかけた。
「まだよ。」
高尾は少女コケシを右手でぐっと私の体内に押し込んだ。
そして歯を立てて私の尻をかじった。

続きはラブピースクラブ様コラムにて掲載中!
第58回:【小説】千代と高尾【藤間紫苑】第3回
 著者:藤間紫苑(HP)


ssbana
※リンクは別窓で開きます。

| 【連載終了】ビアチカコラム | 01:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/14日LPCコラム情報_第55回:【小説】千代と高尾【藤間紫苑】第2回


バナー担当:カオリン

1/14日ラブピースクラブ様コラム更新!
第55回:【小説】千代と高尾【藤間紫苑】第2回
■コラム前書■
明けましておめでとうございます。今年もビアチカをひとつよしなに。御屠蘇気分も抜ける頃、ぴりりと気持ちの姫始めしませんか?大好評の千代と高尾の第二話!
第1話は第48回コラムに掲載中。
前書担当:水月モニカ

題名  千代と高尾
著者 藤間紫苑



私は高尾の後を追って、汽車を降りた。
高尾の足は早く、私は付いていくのがやっとだったので、私は今日訪問する筈だった宅へ連絡するのを止めにした。
私達は海水浴客で混み合ったホームを通り抜け、タクシー乗り場へと向かった。
海岸へと向かう観光客達を横目で見ながら、タクシーは細い道を走って行った。
私達を乗せた車は途中で観光客達の行列とは違う道へと入って行った。
きっとこの先に高尾さんと湯浅が向かったホテルがあるのだわ。
私は潮の香りがする細い川を見ながらそう思った。
タクシーはマリーナにあるホテルの玄関で止まった。
私はタクシーを降りると高尾に向かって言った。
「ここはあのホテルなのね。
 湯浅と入ったというあのホテル……。」
高尾は私の言葉を無視し、玄関へと向かった。
私は慌てて高尾を追いかけた。
高尾は私に話し掛けず、帳簿に名前を書き、鍵を受け取り、部屋へと向かった。
私は巾着を胸元で抱きしめ高尾の後を追って行った。
「どうぞ。」
高尾は扉を開き、私を部屋の中に招き入れた。
部屋には大きなソファーベッドと美しい木彫りのテーブルが置いてあり、ラジオが机の上に置いてあった。
高尾が窓を開くと、白いレースのカーテンがひらひらと風になびいた。
「風が気持ちいいわ。
 貴女もこちらにいらっしゃい。」
私は巾着をテーブルの上に置いて、高尾の側へと寄った。
「まぁ、綺麗だわ。
 ヨットハーバーもあるのね。」
私は高尾の腕に触れた。
私は暫く高尾を見上げていた。
高尾はよそよそしく、決して自分から私の方へ体を傾けたりしなかった。
高尾は口も利かず、黙って海を見詰めていた。
「高尾さんは湯浅の事、もうなんとも思ってらっしゃらないのでしょう?
 私、高尾さんについてずっと考えていましたのよ。
 高尾さんが本当に求めているのは湯浅ではないと、私、知っていますわ。
 だって湯浅って、あの小説を読む限りではお飾り男で……、ちょっと危険な遊びをするには華もありますし、丁度良いけど、真剣に愛するには役不足なのですもの。
 あの方ってちっとも高尾さんの事を理解していませんわ。
 ……でも、高尾さんもちっとも自分の事が解っていらっしゃらないわ。」
高尾が急に口を開いた。
「私、男になりたかったのよ。
 それで男を好きになるの。湯浅さんのような男と私なら耽美な世界が広がるんじゃないかって想像していたのよ。
 あの男は廃退的で、とても魅力的だったわ。
 凄く女性的で、それでいて男の人で、日本の多くの男性みたいに威張ったりしないわ。
 私、女子とじゃあ駄目なの……駄目だったの。
 女子は私と接吻はしても、体を開いてくれないの。
 女学校じゃあ、私はモテルの。
 幾人かの女子が私にラヴレターを寄越したわ。
 でも、駄目なのよ。
 誰も私の欲しい物をくれないわ。
 ……何故かしら。」
私は話し続ける高尾の手にそっと自分の手を乗せた。
高尾はびっくりしたように私を見詰め、続けた。
「私、女子と寝床を共にしたいのよ。
 貴女は私のこの欲望に答えてくれるというの。」

続きはコラムにて!

作者紹介
■作者:藤間紫苑  pixiv

| 【連載終了】ビアチカコラム | 08:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/7日ラブピースクラブ様コラム更新!第54回:【イラスト】人面犬シリーズ【Noe】


バナー担当:カオリン

1/7日ラブピースクラブ様コラム更新!
第54回:【イラスト】人面犬シリーズ【Noe】

■コラム前書■
こんにちは、ビアチカです。一口にエロといっても様々なジャンルがありますが、その中でも孤高の異才というべきNoe殿のイラストや造形物。異形、異質、皮膚の感触まで伝わって来そうな描写はなんともいえずエロティック。貴女の心をひきつけて離さないでしょう。
前書担当:水月モニカ

【ちわわ】 ちわわ幼犬
chiwa-1.jpg
<<続き&大きい絵はコラムにて!>>
作者紹介
■作者:Noe殿 HP pixiv
■作者コメント:造形作家です。作品はHPをご覧下さい。


■コラム更新情報等は、FacebookにもUPしてます。

| 【連載終了】ビアチカコラム | 16:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ビアチカコラム】RSS最新5記事表示のお知らせ

ラブピースクラブ様で連載中のビアチカコラムRSS最新5記事を
ブログサイドバーとTOP頁に表示致しました。
今までどおり更新情報はこちらのブログでもお知らせ致しますが
最新記事の最速チェックはこちらでどうぞ!

ブログ表示位置
blogrss.jpg
プロフィール下段「ビアチカコラムRSS」に最新記事5件のタイトルが表示されます。
(少々読み込みに時間がかかります)

■TOP頁表示位置
toppage.jpg
レズビアンエロチカ公式サイトTOP頁の週刊レズビアンエロチカバナー下段に
最新記事5件が表示されます。
■RSS詳細
toprss400.jpg
※クリックで拡大表示
1:最新記事5件のタイトルが表示されます
2:RSS更新時間が表示されます
3:RSSレンタル先のスポンサー広告です



| 【連載終了】ビアチカコラム | 12:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/31日ラブピースクラブ様コラム更新!第53回:【漫画】柿を買いに【水月モニカ】


バナー担当:カオリン

12/31日ラブピースクラブ様コラム更新!
第53回:【漫画】柿を買いに【水月モニカ】
■コラム前書■
今年もお世話になりました、ビアチカです。
一年の〆は代表、水月モニカの漫画で参ります。
1年前の作品ですが、古きよき時代のレディコミティスト満載で「読み込める」漫画をお送りします。

来年も引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

7750628_p0-1.jpg
7750628_p1.jpg
<<続きはコラムにて!>>

作者紹介
■作者:水月モニカ
■あとがき

この文章が発表されるころにはすでになんらかの結果(おそらく改悪の方向)に
なっていられると思われる東京都青少年健全育成条例ですが、
春の条例より更に悪くなったことは「近親相姦」や「同性愛」、
「犯罪行為と判断される暴力」をなんと「漫画の中の登場人物」が行うことを
取り締れるものになったということです。(石原慎太郎都知事の同性愛者に対する
言語道断な差別発言は最早ご存知と思います)
児童を守るという美名に隠れて戦前の治安維持法のごとき検閲が着々と進んでおります。

わたくしどもビアチカはずっとこの問題と取り組み、
ロビイング活動への参加やロビイング団体コンテンツ文化研究会へのカンパ等を通して、
私たちの、自由な表現活動に鎖をかけさせないためにあくまでもクリエーターとして、
また運営二人は同性愛者としての生存権も守るため活動してゆく所存です。

どうかこのコラムをご覧になられている多くの方にこの事実を知ってほしく、
スペースをお借りいたしました。

(文責:レズビアンエロチカ代表 水月モニカ)

■個人サイト:水月モニカのあなたに逢えてわたしになれた
水月モニカ個人サイト用ミニバナー
■Twitter:midu_ki
■pixivID:733692
■今作はpixivにもUPしてます


■コラム更新情報等は、FacebookにもUPしてます。



| 【連載終了】ビアチカコラム | 21:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。